9/29開催 オンラインセミナー:証券会社が取り組むSTビジネス

当協会正会員 東海東京フィナンシャル・ホールディングス株式会社にご協力いただき、証券会社の観点から見たセキュリティトークンビジネスの可能性についてお話しいただくほか、同社が取り組む関連プロジェクトについてもご紹介いただきます。

【日時】

2020/09/29 (火)
17:30 - 18:45

申込み https://securitytoken20200929.peatix.com/

【タイムテーブル】
17:30-17:40 JSTAのご紹介(JSTA代表理事 増田剛)
17:40-18:20 「証券会社が取り組むセキュリティトークンビジネス」(東海東京フィナンシャル・ホールディングス株式会社 藤瀬秀平)
18:20-18:45 ディスカッション・質疑応答

【登壇者】
藤瀬秀平
東海東京フィナンシャル・ホールディングス株式会社
デジタル戦略部 担当部長 

2003年4月、東京三菱銀行(現三菱UFJ銀行)入行。主にマーケット部門でキャリアを重ね、ロンドン駐在時にはチーフディーラーを務める。帰国後は東京本部で為替ストラテジスト業務に従事。大手メディアへの寄稿・出演、国内外講演会講師や企業向け出講活動を担当する。2017年12月にスタートアップへ転身し、以後ブロックチェーンビジネスに携わる。2020年2月より現職。東海東京FHのデジタル戦略部メンバーとして、セキュリティトークンビジネスの新規立ち上げ準備、スキーム立案、国内外パートナー企業との協業を通じたシナジー創出を担当中。


STの定義とJSTAのカバレッジ

ST`の定義:

セキュリティトークンとは、 ブロックチェーンネットワーク上で発行されるデジタルトークンのうち、 有価証券その他の資産や価値の裏付けを有するものを指します。 ブロックチェーンの特性を活かし、 裏付資産に対する権利をボーダーレスかつセキュアに移転可能とします。 日本法上では、 典型的には金融商品取引法上「電子記録移転有価証券表示権利等」と定義されるものを指しますが、 JSTAでは、 同法の適用のない資産等に対する権利をトークン化したもの及び当該権利を表示するトークンをも広くセキュリティトークンの定義に含んでいます。

STの定義とJSTAのカバレッジの関係を以下にお示しいたします。

ST_JSTA_定義20200813


ハンファ資産運用株式会社が入会

一般社団法人日本セキュリティトークン協会(所在地:東京都中央区、 英名:Japan Security Token Association)に、 ハンファ資産運用株式会社(所在地:大韓民国、 英名:Hanwha Asset Management Co. Ltd.)が賛助会員として入会しました。

※最新の会員名簿はこちら


日本電子計算株式会社が入会

一般社団法人日本セキュリティトークン協会(所在地:東京都中央区、 共同代表理事:並木智之・増田剛、 英名:Japan Security Token Association、 以下「JSTA」)に、 日本電子計算株式会社(所在地:東京都千代田区、 代表取締役社長:山田英司、 以下「日本電子計算」)が賛助会員として入会しました。

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000025.000045921.html

※最新の会員名簿はこちら


フォビジャパン株式会社が入会

一般社団法人日本セキュリティトークン協会(所在地:東京都中央区、 共同代表理事:並木智之・増田剛、 英名:Japan Security Token Association、 以下「JSTA」)に、 フォビジャパン株式会社(所在地:東京都港区、 代表取締役社長:陳海騰、 以下「フォビジャパン)が賛助会員として入会しました。

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000024.000045921.html

※最新の会員名簿はこちら