正会員・賛助会員専用ライブラリー1

事前許可が無い配布は禁止させていただきます。

 

JSTA主催セミナー資料

 

2019/7/3・7/4 JSTA設立記念セミナー 第1回 「金融業界が注目するセキュリティトークンとは」 講師:JSTA 並木

 

  • 日本セキュリティトークン協会の紹介
  • セキュリティトークン背景
  • セキュリティトークンメリット
  • ロードマップ予測
  • 国内のセキュリティトークン規制
  • 国内初セキュリティトークン予測
  • セキュリティトークンの仕組み
  • セキュリティトークンの業務要件
  • セキュリティトークンの課題

 

 

2019/7/10 JSTA設立記念セミナー 第2回 「セキュリティトークンの生態系」 講師:JSTA 増田

 

  • セキュリティトークンを取り巻くプレーヤーの構成・レイヤー構造
  • 海外プレーヤーの紹介・最近のトピック
  • 発行プラットフォーマー
  • 取引所
  • リサーチ関係
  • 海外での発行事例
  • 不動産
  • ファンド

 

 

2019/7/17 JSTA設立記念セミナー 第3回 「『セキュリティトークン×ファンド』の具体例と法的枠組み」 講師:JSTA 成本

●改正金融商品取引法上の「電子記録移転権利」についての解説
●不動産ファンド×セキュリティトークン
・海外事例の紹介
・国内事例の紹介
・個人向け非上場不動産オープンエンドファンド
・その他の具体例
●不動産以外のファンド×セキュリティトークン
・事業型ファンド×セキュリティトークン
●株式×セキュリティトークン
・株式型クラウドファンディング
●トークナイズドアセット
・金銭債権、動産、金など

 

 

2019/7/24 JSTA設立記念セミナー 第4回 「証券化実務に照らして、あるべきSTOを探る」 講師:中山

●債権流動化と証券化の概要
・債権流動化と証券化の仕組み
・債権流動化と証券化の種類
・実務の現状と課題
●中国におけるブロックチェーン技術を使った債権流動化、証券化事例
・中国におけるブロックチェーン技術の利用
・中国における債権流動化と証券化
・中国におけるブロックチェーン技術の債権流動化と証券化への応用事例
●日本のSTOの検討
・ブロックチェーン技術利用の利点
・普及への課題

 

 

2019/8/21 パネルディスカッション 「セキュリティトークンが拓く不動産証券化の未来」

 

  • セキュリティトークンの有望ユースケースの1つと期待される不動産証券化への適用をテーマに、ビジネスが活性化するためのアイディア、あるいはボトルネックになっている点などを中心にパネラーが意見交換しあう場を企画しました。活字による情報不足のなか、現場の最前線に立つパネラーがセキュリティトークンの現在・未来を議論します。
  • パネラー
    • TMI総合法律事務所・JSTA 成本治男氏
    • デロイトトーマツコンサルティング合同会社 園部光宏氏
    • フィンテックグローバル株式会社 吉岡尚子氏

 

 

 

 

 

 

2019/8/28開催 各企業ピッチ「識者が紐解くセキュリティトークンの可能性」

本セミナーでは、一般社団法人日本セキュリティトークン協会(以下、JSTA)から、最近のJSTAの活動状況をご報告するとともに、JSTAのミッション・活動に賛同するQUOINE様、PwC様、THE YOZMA GROUP JAPAN様から識者をお招きし、DLTやセキュリティトークンの有する可能性について知見を共有いただきます。本セミナーを通じて、皆様にセキュリティトークンビジネスの萌芽を感じていただければ幸いです。

登壇者:QUOINE株式会社 代表取締役 紺野 勝弥氏
テーマ「新しい資金調達手段:ICO・IEO・STO」
登壇者:PwCビジネスアシュアランス合同会社 SM 何 競(Izuchi Kyo)氏
テーマ「MALTA DLT FRAMEWORK」※資料は投影のみ。
登壇者:THE YOZMA GROUP JAPAN 取締役副社長COO 廣瀬光伸氏
テーマ「STOとトークンエコノミーで考察すべき現実」

 

 

 

 

 

 

2019/9/30開催 「STO組成における法的ポイント」

セキュリティトークンに関連するニュースを目にする機会が増えてきました。これまで水面下で情報収集の段階にあった企業が、セキュリティトークンビジネスが新規事業として成り立つと、評価した結果と推察されます。一方、セキュリティトークンに関して公知となった情報は依然として限定的です。
このような背景のもと、一般社団法人日本セキュリティトークン協会は、セキュリティトークンビジネスのいっそうの発展に貢献すべく、セキュリティトークンの基礎および法的観点による考察を、広くご紹介するセミナーを設けました。

本セミナーでは、当協会のアドバイザー 河合健(アンダーソン・毛利・友常法律事務所 パートナー弁護士)より、「STO(セキュリティトークンオファリング)組成における法的ポイント」と題して、解説します。
また、あわせて、当協会の共同代表理事 並木智之(株式会社クニエ シニアマネジャー)より、セキュリティトークンについての基礎知識をご説明します。

 

STO組成における法的ポイント」(当協会 アドバイザー 河合健

 

  • 電子記録移転権利における法形式の選択とメリット・デメリット
  • 電子記録移転権利の二次流通の可能性のハードル
  • 一項有価証券のデジタル化における法的論点

 

 

 

 

2019/10/23開催 「はじめてのセキュリティトークン」

このたび、より多くの方にセキュリティトークンのエコシステムに参画していただくべく、当協会の正会員 GVA法律事務所をお招きし、初心者向けのセミナーを企画しました。
セキュリティトークンの基礎知識・現在の状況について一気にキャッチアップするチャンスです!

GVA法律事務所 アソシエイト弁護士 牧野史晃
ベンチャー企業法務を専門に、投資契約等のエクイティファイナンスやストックオプションの組成案件に関与。
最近では、ブロックチェーン関連の法務に精力的な関与を行っており、東京大学において開講されているブロックチェーン寄付講座のリーガルメンターとしても活動している。

資料は#3に最新版として統合しました。

 

 

2019/11/7開催 「Tokeny & JSTA Security Token Meetup with Deloitte」

JSTAは、Tokeny(ルクセンブルクのセキュリティトークンプラットフォーマー)および当協会正会員のデロイトトーマツコンサルティング合同会社とともに、Meetupを企画し、セキュリティトークンを取り巻く国内外のビジネス環境や、欧州を中心に業界をリードするTokenyの最新の取り組みをお届けします。

Tokeny presentation & interactive discussion(英語 / in English)
(登壇者)Luc Falempin, CEO

 

 

2019/12/5開催 「はじめてのセキュリティトークン#2」

GVA法律事務所 アソシエイト弁護士 桜井淳雄
2017年 GVA法律事務所入所。
GVA法律事務所において、ベンチャー企業法務を専門に業務に当たっている。近年ではブロックチェーン関連のスタートアップ支援に注力しており、ブロックチェーン・STO等の研究に従事している。所内のブロックチェーン専門チームに所属。

資料は#3に最新版として統合しました。

 

 

2020/1/27開催 「はじめてのセキュリティトークン#3」

GVA法律事務所 パートナー弁護士 小名木俊太郎
and factory株式会社 社外監査役/capy株式会社 社外取締役現任。スタートアップ法務、行政規制対応(グレーゾーン、規制のサンドボックス等)、信託SO、ファイナンス、IPOサポート等、ベンチャー企業の法務全般をサポート。近年ではブロックチェーンチームを事務所内で組成し、ブロックチェーンに関連する企業のサポートに注力している。第二東京弁護士会所属。

ST_20200127_JSTA_Basic

ST_20200127_JSTA_intro

ST_20200127_GVA

2020/2/27開催 「セキュリティトークンを取り巻く最新法規制」

「セキュリティトークンに関する政府令改正案の概要」 
JSTAアドバイザー 河合健(アンダーソン・毛利・友常法律事務所パートナー弁護士)
電子記録移転権利の定義
電子記録移転権利の適用除外要件
開示規制
業規制

ST_20200227_AMT

「政府令改正案を踏まえたSTOの具体例検討」
JSTA理事 成本治男(TMI総合法律事務所パートナー弁護士)

1項有価証券公募
1項有価証券プロ私募
1項有価証券自己募集
第一種少額電子募集取扱業務
2項有価証券私募(事業法人向け)

ST_20200227_TMI

2020/5/15開催 「オンラインセミナー:ウイスキーをデジタル証券化する」

講師:Benjamin Tsai, President & Managing Partner of Wave Financial LLC

Wave Financial LLC(本社所在地:米国ロサンゼルス、CEO:David Siemer、以下「Wave」)からPresident & Managing PartnerのBenjamin Tsai氏が登壇し、セキュリティトークンの、株式・債権・不動産にとどまらない、ユースケースの可能性について、Waveが2020年3月18日に発表した「Wave Kentucky Whiskey 2020 Digital Fund」を題材にしてお話します。

Wave Kentucky Whiskey 2020 Digital Fundとは・・・
Wave社は米国ケンタッキー州のウィルダネス・トレイル蒸留所との間で、最大2000万ドル相当のバーボンウイスキー1万から2万バレルをトークン化する契約を締結。同ファンドを通じて、投資家は2020年に樽詰めされるウィスキーの棚卸資産価値に裏付けされたデジタル証券を購入できる。

ST_20200515_WAVE

2020/5/18開催 「オンラインセミナー:セキュリティトークンに関する国内規制の概要」

講師:GVA法律事務所 アソシエイト弁護士 牧野史晃

日本の金融当局は、海外に先駆けてセキュリティトークンを法令上の定義として落とし込み、制度化すべく法改正準備を進めてきました。今年4月にはセキュリティトしたークン規制に関連する内閣府令案等の改正について、パブリックコメントを発表し、5月から施行されました。
セキュリティトークン実務需要に対して、保守的な制度となった側面は否めないものの、制度環境が整ったことで、今後、国内STOがいよいよ法制度下のもと、リリースすることが可能となりました。
これらの状況を踏まえ、国内におけるセキュリティトークン規制の現段階における着地点について、その概要を説明させていただきます。

ST_20200518_GVA

2020/5/22開催 「オンラインセミナー:セキュリティトークンによる地方創生の可能性」

LIFULL・Securitizeによる「不動産セキュリティトークン発行スキームの実証実験」とは・・・
空き家の地方創生型不動産クラウドファンディングを広く推進する基盤の構築を目的に、ブロックチェーン技術適用による不動産ファンドにおけるオペレーションの自動執行・透明性担保について検証を行った。具体的には、1)スマートコントラクトによるセキュリティトークン分配・配当・償還の自動執行による運用コスト圧縮の検証、および、2)パブリックチェーン利用によるファンドの透明性担保の検証。

講師:株式会社LIFULL 松坂維大「実証実験の概要・今後の展望」

講師:Securitize Japan株式会社 Tech Consultant 森田悟史「実証実験における技術解説」

ST_20200522_LIFULL

ST_20200522_SECURITIZE

2020/7/3開催 「オンラインセミナー:日本初のSTO案件のご紹介と今後の可能性」

本セミナーでは、ブロックチェーン技術を活用した有価証券等の権利を交換する基盤の開発・提供を行う株式会社BOOSTRY(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:佐々木俊典)にご協力いただき、2020年3月に日本初の発行となった「ブロックチェーン社債」に技術基盤「ibet」を提供した同社の取組と、本案件で試したSTOならではの面白い商品設計についてお話します。また、有価証券でない権利の作成など、今後の可能性についてもお話します。

講師;株式会社BOOSTRY 佐々木俊典

ST_20200703_Boostry

2020/8/4開催 「オンラインセミナー:ST・STOに関する金融商品取引法等の改正」

2019年に金融商品取引法等が改正され、我が国においても、セキュリティトークン・STOが証券法制上位置づけられることとなりました。関係する下位法令や監督指針等も含む一連の改正は、本年5月より施行されています。本セミナーでは、金融庁に出向し同制度改正の立案を務めた2名の弁護士が、改正の概要及び実務上押さえておくべきポイントを分かりやすく解説します。

講師:

増田 雅史 森・濱田松本法律事務所 弁護士(日本国・ニューヨーク州)
中条 咲耶子 森・濱田松本法律事務所 弁護士

ST_20200804_MHM経緯

ST_20200804_MHM開示

2020/10/27開催 「オンラインセミナー:セキュリティトークンに関わる法規制」

ICO(Initial Coin Offering)に代わるブロックチェーン技術を用いた新たな資金調達方法としてSTO(Security Token Offering)への注目は益々高まってきています。 2020年5月1日施行の改正金融商品取引法において、 セキュリティトークンは「電子記録移転権利」と定義され、 法律面での環境整備が進みました。本セミナーでは、 当協会正会員 弁護士法人GVA法律事務所にご協力いただき、 基礎知識の無い方を主な対象として、 分かりやすくセキュリティトークンに関する法規制の概要を解説致します。

講師:

熊谷 直弥 GVA法律事務所 弁護士

JSTA_20201026_GVA

 

JSTA 会員総会

 

第1回総会 会場:FGI 20190927

 

第2回総会 会場:QUNIE 20191111

JSTA_002_20191111

JSTA_002_20191111_QUNIE

第3回総会 会場:BCH 20200218

JSTA_002_20200218_ASSETLEAD

JSTA_002_20200218_ASSETLEAD2

JSTA_002_20200218_WAVE

2020年8月度会員総会 会場:オンライン 20200818

JSTA_20200818

JSTA パブリックコメント

JSTA_パブリックコメント_20200212

記事

週刊ビル経営_20191216.pdf

 

ブロックチェーンのビジネスモデル

 

 

ST背景・STメリット

 

 

Howeyテスト

 

 

STO情報開示項目

 

 

外部リンク

 

 

STとは

https://www.inwara.com/report/security-token-offerings

 

STO実施業界

https://www.longhash.com/news/315

 

Security Token 考察

https://medium.com/layerx-jp/%E3%82%BB%E3%82%AD%E3%83%A5%E3%83%AA%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%88%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%83%B3%E3%81%AE%E3%82%A8%E3%82%B3%E3%82%B7%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%A0%E6%A6%82%E8%A6%B3-ac3ced33d309