主催:一般社団法人日本セキュリティトークン協会
共催・会場提供:デロイトトーマツコンサルティング合同会社
協力:GVA法律事務所

現状、国内では東京を中心にSTビジネスが動きはじめていますが、大阪においてもSTビジネスのムーブメントを興すべく、GVA法律事務所(以下、GVA)から弁護士の講師をお招きし、デロイトトーマツコンサルティング合同会社(以下、DTC)のご協力のもと、当セミナーを企画しました。

【対象】
新規事業開発に携わっている方
セキュリティトークンエコシステムに興味がある方
証券化など金融ビジネスに携わっている方

【タイムテーブル】
18:30- 受付開始
19:00-19:05 イントロダクション

19:05-19:35 「セキュリティトークンの基礎知識」(JSTA 代表理事 並木智之)
JSTA活動紹介と、セキュリティトークンに関する概要・メリット・新規事業化等について説明します。

19:20-19:45「海外事例、及び国内での活用機会」(DTC シニアコンサルタント大川夏実)
海外におけるセキュリティトークンを活用した資金調達事例を紹介します。また、国内におけるSTO活用用途、及び関係省庁、業界動向について解説します。

19:45-20:15「セキュリティトークンに関わる法規制(GVA アソシエイト弁護士 牧野史晃)
セキュリティトークン販売事案に対応するため2020年に金融商品取引法が改正されることとなりました。これにより新たに規制されるに至った経緯及び規制の概要を説明します。

20:15-20:45 ネットワーキングセッション(コーヒータイム)
20:50 完全撤収

【登壇者】(アジェンダ順)
JSTA 代表理事 並木智之
アイ・エス・アイソフトウェアー、新日本有限責任監査法人、EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング、KPMGコンサルティングを経て、現在はNTTデータグループのクニエに所属。同社のセキュリティトークンビジネスをリードする。ブロックチェーン技術を用いたコンサルティング業務の専門家。
共著に「仮想通貨の会計とブロックチェーンのしくみ」(中央経済社)がある。

DTC シニアコンサルタント 大川夏実
日系大手Sierを経て、DTCに所属。ホストシステムからブロックチェーン・AIといったニューテクノロジーまで、幅広いITプロジェクトを経験。現在は金融インダストリーに所属し、セキュリティトークンを活用した様々なプロジェクトに従事。プロジェクト実績多数。

GVA アソシエイト弁護士 牧野史晃
ベンチャー企業法務を専門に、投資契約等のエクイティファイナンスやストックオプションの組成案件に関与。
最近では、ブロックチェーン関連の法務に精力的な関与を行っており、東京大学において開講されているブロックチェーン寄付講座のリーガルメンターとしても活動している。

【キャンセルについて】
11/27 18:00以降のキャンセルはお受けいたしかねます。ご了承ください。

詳細、申込みは以下のリンク参照

https://securitytoken20191128.peatix.com/