FIN/SUM2019(主催:金融庁/日本経済新聞)の「スマートコントラクトの社会実装前夜~ブロックチェーンがもたらす金融ビジネスの可能性~」のパネルディスカッションにbitFlyer 加納 裕三 (Yuzo Kano) 様、Cryptact Shunsuke Masuda 様、日経Quick 名和達彦 様とご一緒に JSTA代表理事 増田 剛 (Go Masuda) が登壇しました。当日は立ち見がでるほどの盛況となり、関心の高さがうかがえました。また、スマートコントラクトのユースケースとして、セキュリティトークンが期待されていることも強く感じました。

https://finsum.jp/ja/2019/speakers/recs90Gy1CHiMKWhv/profile/

画像に含まれている可能性があるもの:4人、、スマイル、立ってる(複数の人)、スーツ
写真の説明はありません。

FIN/SUMでのパネルディスカッションについてCoin Desk Japan様によって、記事になっています。
https://www.coindeskjapan.com/19863/